【ネタバレ有】鬼滅の刃が面白いからみんな読んでくれ|週刊少年ジャンプで連載中
スポンサーリンク
仕事日記

日本の会社員と奴隷労働は何が違うのか?

奴隷とは少し違いますが、刑務所の労働時間などを調べても、明らかに一般的な会社員より労働時間が少なく健康的に働けます。今のような労働環境を当たり前とする風潮が私は嫌いです。仕事は生きるためのものであって、仕事のために他を犠牲にするなど、あってはならないと思っているからです。
仕事日記

独立のために重要なのは何よりもまず継続的に利益が出せるということ

私は独立を目指した時に一番初めに課題となるのはどうやって利益を出すのか?ということになると思っています。 大学を卒業した方が就職した時には大体月収20万~22万程度が相場になりますから、最低でもそのぐらいは毎月稼いでいかなければいけないということになってきます。
仕事日記

代わりはいくらでもいる|それは会社だって同じこと

仕事が楽しいというのは何にも増していいことだと思います。給与や待遇だけが今の会社にいる理由になっている人はほとんどいないと思います。 逆に、「仕事が楽しい」「仕事に意義を感じる」という人は転職や独立などは考えたこともないでしょう。仕事に対するモチベーションは非常に大切です。
仕事日記

「お客様は神様です」は本当か?ここがおかしい日本の接客

みなさんの中にはお店で買い物をしたことがない人はいないと思います。無人島に一人で自給自足の生活でもしない限り、社会と関わらずに生きていくのは難しいと思います。ただ、今のお店での接客・接客業についておかしいなと思うことはありませんか?
仕事日記

いきなり独立するのはセンスがない|会社にいる間にやっておくべきこと

いざ独立を考えた時に一番心配なのは、「失敗したらどうしよう」ということではないかと思います。学生のうちから起業した場合などを除けば、ほとんどの方は独立する前に会社員だったと思います。 私は独立すると決めても、しばらくは会社にいるべきだと思っています。今日はその話をしていきます。
仕事日記

企業理念・経営理念はしっかり守られているか?

フォルクスワーゲン(VW)が大変なことになっていますね。 以前の記事で東芝の不正会計から大企業の不正について思うことも取り上げましたが、今回のVWの不正は基本方針を無視したからこそ起こった不正ですね。 このような事件が頻繁に起こるので、会社という組織はすでに時代遅れなのかなと思ってしまいます。
仕事日記

今の会社が求めているのは体のいい労働力|そんなもん機械にでもやらせとけ

今では大企業でも終身雇用制度が崩壊したのは周知の事実だと思います。ただ、会社と従業員の関係はそれから変わったのでしょうか? 終身雇用制度が崩壊した割にはあまり会社と従業員の関係性は変わっていないのかな。というのが私の感覚です。どうしてそうなってしまっているのでしょうか?
仕事日記

大手企業の不祥事を聞くたびに思うこと|日本は雇用流動性が低すぎる

東芝の不正会計処理が発覚しましたね。私が学生の頃にも大企業の不祥事や倒産情報がニュースを賑わすことがありましたが、いつも不思議に思っていたことが2つあります。 それは、「なぜ内部の人は不正(東芝の場合は会計処理)を黙認していたのか?」や「なぜ内部の人たちは改善改革ができなかったのか?」ということです。
仕事日記

今の企業はサービスが過剰だと感じることが多くなった

カーナビが映らなくなってしまって、またまた交換をするはめになってしまいました。普段はカーナビを使っていないので、音楽が聴けなくなるぐらいの弊害しかなかったのですが、電話越しでも修理の時にも、ディーラーの方がこっちが引くぐらい謝ってきたのが気になりました。
仕事日記

会社が大きくなってくるとコミュニケーションコストが上がる

みなさんが勤めている会社は私が勤めている会社より大きいと思いますが、大きければ大きいほどコミュニケーションコストは上がってしまうんです。 そして、「あの人にもこの情報必要だよな」とか「あの人にもこの情報を伝えておこう」といった善意から無駄な会議が生産されてしまうのです。
仕事日記

安定を求めるほど不安定になってしまう事実

ほとんどの方は学生を卒業したら会社員になると思います。今でも大企業に就職することは人気で、ほとんどの人の第一志望は大企業になっていると思います。私はほとんどの人は大企業に安定を求めているのではないかと考えています。ただ、今のこの激動の時代を生き抜いていくには安定を求めることはむしろ不安要素でしかないと思います。
副業日記

2016年5月のアフィリエイト結果報告【速報値】

先月の報告から早くも1ヶ月が経過しました。外注していた記事の納品が今日になっているものもあるので、「サイトの内容自体は4月と大差ないかもしれないな~」と思って記事を見直しながら作っていたのですが、先月時点ではサイトCのコンテンツがまだ完成していなかったのを知って驚いています。
スポンサーリンク