いきなり独立するのはセンスがない|会社にいる間にやっておくべきこと

スポンサーリンク
決意

みなさんこんばんは。

いざ独立を考えた時に一番心配なのは、「失敗したらどうしよう」ということではないかと思います。学生のうちから起業した場合などを除けば、ほとんどの方は独立する前に会社員だったと思います。

私は独立すると決めても、しばらくは会社にいるべきだと思っています。今日はその話をしていきます。

このページをご覧の方には副業をしておけばいざという時に驚くほど気軽に転職できるも参考になります。

副業をしてある程度収入を得られるようになると、転職の際に経済的な基盤をさほど気にすることなく行動できます。 これは私が驚くほど効果を感じたことですので、ぜひ皆さんも副業を始めてほしいと思っています。
このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

スポンサーリンク

いきなり独立するのはセンスがない
会社にいる間にやっておくべきこと

まずは何のために働くのかをはっきりさせる

1度でも独立を考えたことがある人は結構多いのではないかと思っています。ただ、実際に行動したり、実際に独立していこうと思った時に、会社の中ではなかなかモデルケースになる人物もいないと思います。

私は2回目に勤めた会社がまさに設立中のベンチャー企業だったので、独立してきちんと収入を得ながらやっていくことの厳しさは肌で感じています。利益を出すのはやはり非常に難しいことです。入社してはじめはどうしてもそう感じました。ただ、やるべきことをきちんとやっていけば結果がついてくるということも経験していますから、独立することに対してのリスクを過度に恐れているわけではないと思います。

また、自分がやりたいことが独立しなければできないことなのかはしっかり考えておいた方がいいと思います。

私は働く環境を自分でコントロールするために独立を考えているのですが、別に独立しなくたってこの欲求は満たせるかもしれません。現実的にはなかなか難しいと思っていますが、私は出会った会社の数が少ないのでなんとも言えません。もしかしたら、私にとっての最善の選択は独立ではなく転職なのかもしれませんし、今の会社が自分には一番合っているなんてことも考えられます。

一番重要になるのは、やはり「自分は何のために働いているのか?」ということに尽きると考えています。給料?労働時間?社会問題の解決?それともできれば働きたくない?自分は働くことについてどのように考えていて、自分の人生をどのように送りたいと思っているかが一番重要なことだと思います。

参考になるかは分かりませんが、私の考えを紹介します。

私は今の会社員というシステムでは個人の幸せを求めるには不十分だと考えています。また、稼いだらちょっと休みたいですし、趣味の時間や友人・恋人と過ごす時間も大切にしたいと思っています。

私は生きるために働いているので、働くのは一種の不可抗力のようなものだと考えています。なので、今の会社員・社会人の間では半ば常識になっている「仕事ならプライベートはしょうがない」といったことや、「仕事のために家族や友人と会える時間が減ってしまう」というのにはどうしても違和感があるのです。

あと、私はレベル上げが好きなのもあり、成長している時の状況は楽しめるのですが、成長し終わってしまったら、その後のストーリーをもはや消化試合として捉えてしまう傾向にもあります。成長し終わったら興味がなくなってしまうんですね。少し飽きっぽい性格なのかもしれません。

どうやって利益を出していくかを考える

いざ自分のやりたいことが決まったらすぐ独立なんて考えは私はナンセンスだと思います。独立するということは、自分の生活が自分の仕事に完全に左右されてしまう状態になりますから、しっかりとリスク管理をすべきだと考えています。

なので、私も今の会社に疑問が出たからすぐ独立という選択はしません。まずは自分が重要視している労働環境を自分でコントロールするために、どうやって自分が利益を出していくかを考え、それをテストすることにしています。

今のところ独身なのですが、生活がある以上、事業として利益を出すのは必須の条件です。そして、私の場合は「貧乏暇なし」といった状態が最もよくないことなので、できればそれなりの収入があって時間もある状態を目指していきますし、最悪でもお金はなくても時間はある状態には持っていかないといけません。

私は会社でウェブサイトの責任者をやっていて、販売に関しての責任者でもあります。設立したばかりのベンチャー企業を成長させてきた経験とスキルを活かして、私が利益を上げるために選択した事業は「アドセンス」と「アフィリエイト」でした。

これらに関しては、今後別の記事でも説明していこうと思っています。

会社にいる間に自分の事業をテストすべき

会社員である以上、仕事に対しての責任は果たさなければいけませんが、プライベートの時間は別です。なので、週休2日のプライベートの時間を利用して、1日はデートに使い、1日は事業を行うようにしています。

また、会社の仕事が終わってからはできるだけ毎日1時間~2時間程度の事業のための時間を取って、少しでも早く自分の理想に近づけるようにしています。

傍からは、労働時間を制御したいと言ってるやつが仕事ばっかりしてるように見えると思いますが、理想としては1年以内、最悪でも2年以内で結論を出すつもりです。だらだらやっても仕方ないですからね。

今後私のような人が出てきたときのために、事業内容と収支もできるだけ公開するつもりです。

やめる時もできるだけ穏便に

事業が上手くいった場合も悩みは尽きません。会社をいい形でやめておいた方が、独立後も色々な形で手助けしてもらえるかもしれません。

最悪の場合は労働基準法に則り、2週間で辞めてしまうこともできますが、これは最後の手段として取っておいた方がいいでしょう。

しかも、私の場合は設立から関わっている会社ですから、社長をなんとか説得する必要もでてきます。辞めるまでにかかる時間も半年程度と見込んでやっていかないといけませんから、その分早く結果を出していきたいですね。

ちなみに、私は最初に勤めた会社を辞める時も3ヶ月前に退職届を出しています。きちんと仕事の引き継ぎをするなら、どうしてもそのぐらいの時間があった方がいいと思ってのことでした。結果からすれば1ヶ月前に退職届を提出しても変わらなかったと思いますが

会社員の場合、有休があるので、2年半勤めただけでも20日程度の有休が残っていました。これをしっかり消化する場合は、2ヶ月前には退職の意思を会社に伝えておかないと、現実的に業務引き継ぎの時間が取れなくなります。

辞めるからといっても、こういった配慮はしておきたいですね。

手っ取り早く転職するのもおすすめです

WORKPORT

ワークポートでは、業界出身者や業界に精通した知識豊富な 『転職コンシェルジュ』が転職活動の様々な要望に応えます。
求人紹介/書類添削/面接対策/年収交渉など、
1人では不安な転職を【完全無料】でサポート!
まずは【転職支援サービス】にお申し込みください

オススメ

仕事、特に転職に関する情報を提供するサイト「Ideal Job 天職に転職だ!!」を作成しました。転職という選択肢を常に取れるようにするには、転職サイトへの登録も一つの手段になります。また、いざという時にすぐ動けるようにしておくために、副業をはじめるというのも非常に役に立つことです。興味が湧いた方はリンク先の情報もご覧ください。

今すぐ必要ではなくても、すぐに転職できるように準備を整えておくことは、うつ病や過労死から身を守るために必要なことでもあります。今回は、求職者に寄り添う転職サイトを運営しているワークポートの紹介をします。
このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

それでは、今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。