大手企業の不祥事を聞くたびに思うこと|日本は雇用流動性が低すぎる

スポンサーリンク
ここが変だよ日本社会

みなさんこんばんは。

東芝の不正会計処理が発覚しましたね。私が学生の頃にも大企業の不祥事や倒産情報がニュースを賑わすことがありましたが、いつも不思議に思っていたことが2つあります。

それは、「なぜ内部の人は不正(東芝の場合は会計処理)を黙認していたのか?」や「なぜ内部の人たちは改善改革ができなかったのか?」ということです。

これは、私が独立するために目標としている、労働環境を自分でコントロール出来ることにも関わっていると思っています。特に日本の会社員は雇用流動性が低すぎます。

これが大企業の不正につながっていると私は考えています。

この記事をご覧の方には企業は社会を成長させるために存在する|会社の存在意義についても参考になります。

私は企業は社会を成長させるため、社会をよりよくするために存在していると思います。このように考えると、自分の仕事に対する意識を「単に給料を貰うこと」から「社会への貢献」といった形にレベルアップできると思っています。今日はそんな話をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

大手企業の不祥事を聞くたびに思うこと
日本は雇用流動性が低すぎる

大手企業の不祥事はなぜ起こり、内部からも止められないのか?

私が大企業の不祥事が起こる原因として最も根本的な原因は、日本の雇用流動性がかなり低いことだと私は考えています。

では、なぜ雇用流動性が低いと不祥事が起こるのかを説明したいと思います。

終身雇用制が崩壊したにも関わらず、いまだに雇用形態は当時のまま

私が就職した当初と比べても大分改善してきているとは思いますが、まだまだ日本の雇用形態は画一的だと思っています。

つまり、正社員、派遣、パート、アルバイトぐらいしか違いがないのです。正社員でも総合職と事務職の違いぐらいしかなく、労働時間や就業形態に関してはフレキシブルな対応はできていないところがほとんどです。

このような状態だと、結婚・出産をした場合、女性は会社を辞めるしかなくなってくると思います。なぜなら、午前11時から夕方16時までの正社員などはないのですから・・・。

子育てをしながら働くのはかなり大変なことですし、子供が小さいうちは休職するにしても、幼稚園(保育園)、小学校、中学校、高校と子供が成長していくうちに、子育てにかかる時間や手間も少なくなっていくはずです。そいういった状況に合わせて労働条件を決めることなどは、まだまだ日本では進んでいないと思っています。

少し話が逸れていると感じるかもしれませんが、労働条件に選択肢がない(少ない)というのは労働者が働く条件を選びにくいという点から重要なことだと私は考えています。

今の雇用形態だと、給料それほどなくていいから
ほどほどに働きたいという選択肢は取りにくい

私はベンチャー企業を立ち上げるところを経験していますから、会社にとって最も重要な経費が何かということも肌で感じています。

それはつまり人件費になります。毎月固定で支払う給与は会社にとって非常に重要となる経費です。最低でも人件費分の利益がでなければ事業を継続することすらできなくなってしまいます。

大企業が巨額の赤字を計上することがあるのも、人件費が経費に占める割合が非常に大きいからです。例えば仕入れなどにかかる変動費などに関しては、売上が少なくなった場合にはその分減ってくるので、それほど問題にはなりません。

経営者はそのことをよく分かっているので、雇っている人間をぎりぎりまで働かせようとします。この感覚は恐らく人件費の経費に占める重要性に気付いた人はだれもが至る結果だと私は考えています。

なので、「給料はほどほどの12万程度でいいから週休3日にしたい」というような選択は非常に取りづらくなっています。社会保険に関しては1人あたりでかかってくるので、1人に長く働いてもらった方が会社としては嬉しいですからね。

大手企業の不祥事を内部から止められないのは
ほとんどの人が会社を出ていけないから

これまで、日本の雇用流動性が低いという話を重点的にしてきましたが、大手企業の不祥事を内部から止められない理由として私が1番に挙げるのは、「ほとんどの人が会社を出ていけない」からということです。

人間は誰しも自分が1番可愛いものです。なので、主義や主張よりも実益を取りに行く人がほとんどだと私は思っています。

つまり、東芝を例に挙げれば、不正会計をやっていることも、それが間違ったことであることも、関わっている人たち全員が分かっている事なのです。それでも続ける理由は、「それを続けないと給料がもらえないから」に他なりません。

みなさんの中に「会社なんていくらでもあるんだから、自分の考えを重視するぜ!気に入らない会社はやめたって自分はしっかり稼いでいける!」と考えている方はどのくらいいるでしょうか?

終身雇用制度は崩壊しているのですから、会社に自分の収益源を全て預けるのはリスクが高くなってきています。

また、自分の考えや主義主張をたかが仕事のために変えるなんておかしいことではないでしょうか?

現状では私も仕事(給与)のために自分の主義主張を変えなければいけないことがあるのですが、こういった状況に疑問を感じているのも独立を決意した原因の一つです。

不正をするような会社に勤め続けることは正しい選択でしょうか?仕事のために自分の主義主張を変えることは常識と言えるでしょうか?会社に自分の収入源を預けることは安全と言えるでしょうか?

この辺りの意識が変わってこない限り、会社員の労働環境が良くなることはないと私は思っていますし、企業の不正もなくならないと考えています。

現時点で私が考える最善の選択は、多くの人が独立してフリーランスになっていくことだと思っています。会社も従業員を会社員として内部に抱えるのではなく、今では社内の人間がやっているような業務に全て単価を設定して、外部のフリーランスを利用するようにするのです。

これなら、会社が儲からなければ外注する仕事を減らせばすぐに人件費の削減ができます。今まで会社員として働いていた人がどんどんフリーランスとして独立していけば、労働環境は自分で調整することができます。収入とそれに見合う働き方を選んでいくことができると私は思うのです。

このような流れは今後加速していくのではないかと私は思っていますし、日本が社会的に成長するためにはこの流れが加速していく必要があると思ってもいます。

今の私の目標は「お前まだ会社に勤めてるの!?だっせーな、俺なんかもう独立したぜ!」という社会の風潮を作っていくことです。自分の食いぶちを自分で稼ぐという意識が今の会社員にはより必要だと思っていますし、会社は社員の労働環境・労働条件にもっと気を配るべきだと思っているからです。

その手始めとして、まず自分が独立してしっかり収入が稼げる事を実証し、それをみなさんにも公開していくことが大切だと思っています。

ベンチャー企業を立ち上げから経験している私は、利益を上げることの難しさも、利益を出すことの楽しさも分かっていると思います。また、「しっかり」「きちんと」仕事をすれば、ちゃんと結果になって返ってくることも肌で感じています。

会社員として働くことに疑問を持っている方や、これから社会に出ていく学生の方々に、少しでも私のブログが参考になってくれれば嬉しいです。

手っ取り早く転職するのもおすすめです

WORKPORT

ワークポートでは、業界出身者や業界に精通した知識豊富な 『転職コンシェルジュ』が転職活動の様々な要望に応えます。
求人紹介/書類添削/面接対策/年収交渉など、
1人では不安な転職を【完全無料】でサポート!
まずは【転職支援サービス】にお申し込みください

オススメ

仕事、特に転職に関する情報を提供するサイト「Ideal Job 天職に転職だ!!」を作成しました。転職という選択肢を常に取れるようにするには、転職サイトへの登録も一つの手段になります。また、いざという時にすぐ動けるようにしておくために、副業をはじめるというのも非常に役に立つことです。興味が湧いた方はリンク先の情報もご覧ください。

親兄弟という身近な存在は大企業に勤めていて、私自身は中小企業、ベンチャー企業、起業と企業規模が段々小さくなるというキャリアを経ています。 なので、大企業しか知らない人よりも、中小企業しかしらない人よりも大企業と中小企業のメリットとデメリットについてお伝えできると思います。
このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

それでは、今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。