ベンチャー企業で働くことのメリット5選

スポンサーリンク
会社組織の問題点

みなさんこんばんは。

私は大学を卒業後、中小企業で2年半働き、その後設立間近のベンチャー企業に転職しました。転職してからもうすぐ5年になります。今の会社も初年度から黒字を達成し、毎年最高益を更新しています。

全てのベンチャー企業や独立開業した方が上手くいくわけではないと思いますが、私なりにベンチャー企業で働くメリットを挙げていきたいと思います。

ベンチャー企業への転職を考えている方や今の仕事で悩んでいる方に少しでも参考にしていただければ幸いです。

このページをご覧の方には中小企業で働くことのメリット5選も参考になります。

大企業での終身雇用制度が崩壊した今でも、大学生の大企業志向は変わっていませんね。就活で悩んでいる方は一度中小企業への就職も視野に入れてみてはいかがでしょうか?私は大学卒業後の新卒枠を中小企業に使いました。2年半でベンチャー企業に転職していますが、今でこそ分かる中小企業のメリットもあります。
このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

スポンサーリンク

ベンチャー企業で働くことのメリット5選

社長との距離が近い

普通の会社だとなかなかないことだと思いますが、社長と仕事中に色々な話ができるのがベンチャー企業のメリットです。

今いる会社の社長はワーカーホリックと言っていいぐらいの仕事好きな人で、事業のアイデアをこれでもかと出してくる人でもあります。私は何かをする時に熟考するタイプの人間なので、社長のように自分と正反対な人と一緒に仕事ができるのは非常にいい刺激になっています。

今は私は独立を決意して活動していますが、それでも社長のやり方や考え方を尊敬していますし、何より社長のことが人間として好きなので、独立のことをどのタイミングでどのように伝えるかは悩みどころだったりします。

会社の組織が大きくなってくると、どうしても経営者の方々と話せる機会は減ってくると思います。せいぜい自分の上司を通して会社組織を見るぐらいになってくるので、会社がどういう風に成長しようとしているかや会社に対してどのような考えを持っているかというのは、一般的に分かりにくいものなのだと思います。

だた、ベンチャー企業ではそれがありません。気になることは隣にいる社長に聞けばいいのですから、会社の運営に関しても特に疑問が出てくるようなことはありませんでした。

尊敬できる社長と一緒に仕事をするのは楽しい

私がベンチャー企業に転職する時に一番重要視していたことですが、社長のことを尊敬できる(気に入っている)とうのが大切です。

人間は不思議なもので、好きな人や尊敬している人と一緒に仕事をしていると、大抵のことは特に不満もなくできてしまいます。これが嫌な人や尊敬できない人と一緒になった途端、仕事も嫌になってしまうから不思議なものです。

私が社長に今の仕事に誘われた時には、この人が作る会社では一生食いっぱぐれることはないだろうか?それぐらいこの人は仕事ができる人だろうか?という疑問にかなり真剣に向き合いました。

その結果、今の会社に転職したのですが、毎日忙しい中でもかなり高いモチベーションを持って仕事に取り組めました。誰と一緒に仕事をするのかというのはかなり大切なことなんですね。

仕事のスピードが爆速

私が以前に勤めていた中小企業は、何をするにも時間がかかるという、一種の企業病にかかっていました。若いのもあってせっかちだった私は「もっとさっさとやれよ」なんて思っていましたが、転職してからそれは私が言われることになりました。当時の私はまだまだ甘かったんです。

今は大分社員も増えてきましたが、当時は社長と私の2人で仕事をしていました。この状態だと仕事のスピードが爆速です。会社の戦略をお昼の雑談で決めたり、新しい取り組みを朝決めて夕方には実行していたりと、ベンチャー企業では他の一般的な企業では考えられないスピードで仕事を進めることができます。

社長と2人で仕事をしていれば面倒な会議もいりませんからね。私は基本的に決定は社長にしてもらうよう意識していましたが、意見も言いやすい環境でしたから、「本部は現場のことが分かってない」などのコミュニケーション不良は全くありませんでした。

自分で決めたことや納得していることに対しては仕事のスピードが断然違います。大企業がよく掲げているコミュニケーション能力というのも、この辺りの能力のことだと今では思っています。

日々成長していることを実感できる

仕事のスピードが爆速なので、毎日会社も自分も成長していきます。普通は自分が成長していることを感じるのは難しいのですが、それでも自分が成長しているのがよく分かるぐらいの超スピードで成長していきます。

というより、成長しないとやってられないぐらい厳しい環境なので、悩んでいる暇すらありません。転職当初は社長から毎日のように怒られていましたが、落ち込んでいる暇すらありませんでした。

社長は怒っても後に引かないタイプの人なので、非常にやりやすい人です。怒った後にはそのこをすっかり忘れているかのように普通に話しだすので、私も必要以上に落ち込むことはありませんでした。

上司としてはかなり珍しいタイプだと思いますが、ベンチャー企業の社長さんはだいたいこういうタイプの人が多いです。

成長率200%なんてざら
毎年会社も自分も成長する

会社の創業からは半年程度、株式会社の設立をしてから(私が入社するために社長が株式会社にしました、私も申請書に記入したりしましたが)2ヶ月程度で会社の事業を黒字にもっていくことができました。

今でも成長率は売上でも110%程度、純利益だと200%以上は出ているのですが、1年目~2年目の成長が一番面白かったと思います。

昨年比はもちろん、作月比ですら全くあてにならないスピードで成長していくので、まさに私が大好きなレベル上げの状態になっていました。

予算も私が自分で決めて実行していたのですが、予算を割ることなんて1度もありませんでした。これは私の実績としても誇らしいものですし、それだけ毎月ある課題を乗り越えて成長してきた証拠でもあると思います。

会社と一緒に自分が成長できるので、どんどんやれるこが増えて楽しいです。

ベンチャー企業デメリットも紹介

メリットだけを提示するのも私のポリシーに反しますから、デメリットも紹介したいと思います。正直今の会社に転職したせいで、私の婚期は遅れていると思います。

ベンチャー企業のデメリット

  • とにかく仕事が忙しく厳しい
  • 人がいないのでどうしても休みも少なくなる
  • 自分が今できる以上のレベルの仕事に取り組むことになる
  • 会社が安定していないので失職するリスクが高い
  • 給料はそれほど高くない

以前の記事でも書いていますが、普通の会社員をやっている人が考えているほど、利益を出すのは甘くはありません。私の感覚で言うと、会社員の時に思っていた利益を出す厳しさの5倍程度の厳しさだと思います。

なので、とにかく仕事が忙しく厳しいです。

また、ベンチャー企業にはリソース(金・人)が少ないことがほとんどです。そのため、どうしても休みも少なくなってしまいます。連休なんてもっての外、残業という概念もありませんでした。それでもモチベーションは高く仕事ができていましたが。

ベンチャー企業では、普通の会社とは違って、従業員ができる仕事をやるという感覚ではありません。めちゃくちゃ頑張ってギリギリ達成できるぐらいハイレベルな仕事に取り組むことになります。私はそういうことがしたくて転職したのでむしろ望むところだったのですが、これが辛いと感じる人もいると思います。

彼女や奥さんがいる人には一番大きな問題になりそうですが、会社がいつ潰れてしまうか分からないというのは結構なストレスです。毎月どころか毎日のキャッシュフローや粗利益を気にするようになるので、夜も満足に寝れないかもしれません。仕事にかなりの緊張感を持つことになります。

あと、給料はそれほど高くありません。今は前の会社の同期よりちょっと良いぐらいの給料になりましたが、転職当初はむしろ待遇を下げていました

私は自分のレベルを上げるために転職したので全く気になりませんでしたが、一歩間違えると自分の生活を犠牲にして仕事をするようになってしまうので、転職を考えている方は真剣に検討しておいた方がいいと思います。

転職当初は独り身だったのでよかったのですが、彼女ができるとちょっと大変です。

今回の記事はいかがでしたか?ベンチャー企業はやりがいがありますが、それだけ厳しいところでもあります。私は甘っちょろい考えでベンチャー企業に行くぐらいなら、今いる会社でちょっと我慢しておいた方がいいよと大抵の方にはアドバイスしています。

それでもベンチャー企業は大きな会社にはないワクワク感など、大変魅力的なところでもあります。今の会社で悩んでいる人は検討してみてもいいと思いますよ。

手っ取り早く転職するのもおすすめです

WORKPORT

ワークポートでは、業界出身者や業界に精通した知識豊富な 『転職コンシェルジュ』が転職活動の様々な要望に応えます。
求人紹介/書類添削/面接対策/年収交渉など、
1人では不安な転職を【完全無料】でサポート!
まずは【転職支援サービス】にお申し込みください

オススメ

仕事、特に転職に関する情報を提供するサイト「Ideal Job 天職に転職だ!!」を作成しました。転職という選択肢を常に取れるようにするには、転職サイトへの登録も一つの手段になります。また、いざという時にすぐ動けるようにしておくために、副業をはじめるというのも非常に役に立つことです。興味が湧いた方はリンク先の情報もご覧ください。

私はベンチャー企業のスタートアップにアサインされた経験があるため、会社がどのような仕組みでできているのか、会社はどのように運営すればいいのか、起業はどうやったらできるのかなどを、学問としてではなく現場で必死で働きながら覚えることができました。
このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

それでは、今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。