労使関係さえしっかりすれば日本ほどいい国はないと思う

スポンサーリンク
労使関係

みなさんこんばんは。

みなさんは海外旅行に行ったことはありますか?私は何度かあるのですが、毎回旅行が終わって帰ってくるとなんだか安心してしまいます。生まれ育ったところはやっぱり違うのでしょうね。

ところで、私は毎回日本の労使関係や労働環境などについてここがおかしいと意見を表明していますが、日本が嫌いなわけではありません。むしろ大好きです。

夜に一人で出歩けるぐらい安全ですし、自動販売機などが色々な場所に置かれていても中のお金が盗まれたりすることもありません。並んでいる順番もしっかり守る人がほとんどですし、それは災害などがあっても同様です。

私が日本で今問題だなと思っているのが労使関係や労働環境なのですが、この部分が改善されれば日本ほどいい国はないとすら思っています。

この記事をご覧の方には大企業で働いたこともないのに勝手に大企業のメリットについて考えてみたも参考になります。

就活中の方や、転職を考えている方で大企業のメリットについて知りたいと考えている方は多いのではないかと思います。大企業から転職しようと思っている方も、大企業に就職・転職しようと思っている方も大企業に就職したことがないとなかなかメリットが分からないですよね。

スポンサーリンク

労使関係さえしっかりすれば
日本ほどいい国はないと思う

日本のいいところが今の問題につながっているのではないか?

海外に行くとよく分かりますが、夜に女性が1人で出歩いても問題ないというのは信じられないくらい安全な国です。国によっては1人で行動することがそもそも危ないような地域だってありますし、紛争や戦争が起こっていて、近づくのが危険だという国だってあります。

日本人は不要な争いを避ける傾向にあって、どんなことでも問題になることや他人と衝突することをよしとしないところがあると思います。また、礼儀正しく真面目なところもいいところだと思います。

ただ、これらのいいところが原因となって、今の労使関係や労働環境ができてしまっているのではないかとも私は思います。

何が労使関係を悪くしてしまっている原因なのか?

日本人の礼儀正しさは、先輩後輩の概念が大きいと思います。儒教の文化なのか目上の人を尊重するのをいいことだと考えている人が多いですよね。ただ、諸外国と比べても日本ほど年齢の上下にうるさい国もないと思います。

今ではあまり見かけなくなりましたが、体育会系の文化は諸外国ではまず見られません。私も大学時代に所属していた部活動がバリバリの体育会系だったのですが、体育会系の部活動経験者は企業では優遇される傾向にあります。

要するに体育会系の文化を経験していた人間は企業にとって非常に使いやすい人材だということです。企業の意向に沿った人材を雇うのは当然ですが、このあたりの文化や考え方が、日本の労使関係や労働環境を悪くしているのではないかと私は思っています。

まず、目上の人を尊重するというのは、私は必ずしも必要なことではないと考えています。社会人になったら、学校にいたころとは違い、基本的に仕事で評価されるようになります。

学生の頃などは、1歳年が違うだけでも経験に大きな違いが出てきますが、社会に出ると1歳の違いなどは大したことではなく、仕事の経験が多く、仕事ができる人は自然と尊敬されるようになります。

また、無用な気遣いも会社では多いように思います。人間関係が円滑に進めるためには多少の気遣いは必要だと思いますが、自分の意見をなかなか主張できない人も多いと感じます。

学校での生活や社会環境が影響しているのだと思いますが、ほとんどの人は意見がぶつかったり、他人と違う意見になることを恐れ、意見の主張すらしない、または意見がないといった人も多いと思っています。

このような状況の副産物として、今の働きにくい労使関係や労働環境があるのではないかなと私は考えています。

空気を読む必要なんてない

私もそこそこ日本社会に適応していると思いますが、日本人の意見の衝突を避ける傾向には異常性を感じています。

会社に経営理念があるように、どんな団体にも存在する理由や目的があるはずです。仕事や活動などでもその理念に沿って進めるべきで、全体の意見が調和しているといったことはそもそも必要がありません。(もちろん、全体の意見が調和していた方がやりやすいと思いますが)

私が以前在籍していた会社ではかなりの頻度でこのような違和感を覚えました。社長や上司の意見に会議などでは異を唱えず、終わってからぐだぐだ言う人があまりにも多かったのです。

だったら会議で発言しろよと私は思っていましたし、意見を求められた時は必ず自分の意見を答えるようにしていました。社長が言ったことでもそれは違うんじゃないかと言ったりしていたので、一部の先輩方からは煙たがられることもあったようです。

あまりにも空気を読まなすぎると仕事にも影響してしまうので、自分から意見を主張するようなことはしませんでしたが、それでも空気を読みあう無駄な会議は多かったです。

というより会議のほとんどがそうでした。もうメールで一括送信でもしてくれよなんて思うことも多かったです。

この空気を読むというのは、営業や販売などの現場では必要なスキルかもしれませんが、会社の運営や会社で働くことには必ずしも必要ではないと思います。

従うべきは会社の理念であって、社長や上司ではありません。社長や上司の意見であっても違うと思ったら違うと主張すべきです。そもそも決定権は社長や上司にあるのですから、結果は変わらないと思われます。だったら、黙っているだけでは損をするだけです。

こういった空気感は会社だけでなく、様々な部分で今の日本を支配しているように思います。

言うべきことは言い、ゆずるべきところはゆずる

大抵の人が「話せばわかる」と言う場合の真意として、私の意見を聞き入れるまで説得するという意思が見えます。

意見を表明する時にもただ不平不満を述べるだけでなく、問題点を解決したり、課題に対して取り組むよりよい方法を模索するように意見を述べるのは当たり前ですが、ゆずれない、ゆずらない人が増えたようにも思います。

自分も今は上司の立場なので気を付けているのですが、意見を言ったり部下に指示を出す場合には、「この意見は○○をよくするためのものだ」というのを意識するようにしています。ただ単純に命令するだけだと社員のやる気はそがれてしまいます。(自分もそうです)

それより重要なのはもっと○○をよくすることやもっと○○の成果を上げることですから、そのための施策や意見でないならば言わない方がいいぐらいです。

私が意見を言う時に見ているのは相手の反応です。嫌そうな反応をした時には何か理由がありますから、それを注意深く探っていきます。また、反対意見の方を採用することも頻繁にあります。私にとっては会社がよくなりさえすれば方法はなんでもいいですからね。

このように会社や団体が運営されることに気を配るだけで、かなり労働環境や労使関係はよくなると思います。私は相手とコミュニケーションを取るのが苦手な方ですが、今の会社や社会は相手とコミュニケーションを取らなさ過ぎじゃないかと感じることが多いです。

今ではインターネットの発展もあって、このようにブログで意見を表明することも簡単にできるようになっています。また、会社の外がどうなっているのかも調べると色々な情報が出てくるようになりました。

社会をよくするための会社ですから、その会社がよくなっていくのは自分の生活もよくしていくことだと思います。この「よくする」というのをどういうアプローチで行うかに意見の違いもあるでしょうが、それを上手く調整していけさえすれば、日本ほどいい国はないというのが私の考えです。

もっと色々な生き方やモデルケースも出てくるといいですね。自分が新しいモデルケースになれるようにも頑張っていきたいと思っています。

手っ取り早く転職するのもおすすめです

WORKPORT

ワークポートでは、業界出身者や業界に精通した知識豊富な 『転職コンシェルジュ』が転職活動の様々な要望に応えます。
求人紹介/書類添削/面接対策/年収交渉など、
1人では不安な転職を【完全無料】でサポート!
まずは【転職支援サービス】にお申し込みください

オススメ

仕事、特に転職に関する情報を提供するサイト「Ideal Job 天職に転職だ!!」を作成しました。転職という選択肢を常に取れるようにするには、転職サイトへの登録も一つの手段になります。また、いざという時にすぐ動けるようにしておくために、副業をはじめるというのも非常に役に立つことです。興味が湧いた方はリンク先の情報もご覧ください。

親兄弟という身近な存在は大企業に勤めていて、私自身は中小企業、ベンチャー企業、起業と企業規模が段々小さくなるというキャリアを経ています。 なので、大企業しか知らない人よりも、中小企業しかしらない人よりも大企業と中小企業のメリットとデメリットについてお伝えできると思います。
このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

それでは、今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。