今の企業はサービスが過剰だと感じることが多くなった

スポンサーリンク
ここが変だよ日本社会

みなさんこんばんは。

最近車を修理する機会があったのでディーラーで修理してきました。去年の暮れぐらいからマツダのデミオ(ディーゼル)に買い替えたのですが、メーカーからカーナビのソフトが更新されたから無料交換できますという知らせがきたので行ってきました。

その後にカーナビが映らなくなってしまって、またまた交換をするはめになってしまいました。普段はカーナビを使っていないので、音楽が聴けなくなるぐらいの弊害しかなかったのですが、電話越しでも修理の時にも、ディーラーの方がこっちが引くぐらい謝ってきたのが気になりました。

機械の調子が悪くなるなんて別にたいした問題じゃないと私は思っています。恐らく、お客様にはこういった対応の際に非常にうるさい方がいるんだなと思ったのを覚えています。(私が面倒な客だと思われていないといいですが…)

さて、最近はお店などで提供するサービスがちょっと過剰になっていると感じませんか?私一人だけの勘違いならいいのですが、お店で働いている人は肌で感じているのではないかと思います。

この記事をご覧の方には企業は社会を成長させるために存在する|会社の存在意義についても参考になります。

突然ですが、みなさんは企業は何のために存在していると思いますか?利益を上げるため?いえいえ、それは企業が存続するために必要な条件であって、企業が存在する意味ではないと私は考えています。私は企業は社会を成長させるため、社会をよりよくするために存在していると思います。

スポンサーリンク

今の企業はサービスが過剰だと感じることが多くなった

ただ機械が故障しただけなのに何回も謝られるのに違和感

私が乗ってるマツダのデミオは新車でディーラーから購入したものなので、当然無料での修理交換となっていました。お金が発生した場合は私も少し不満があったと思いますが、別に機械が故障しただけなので、それほど腹が立ったりすることはありません。

私は土日が休みじゃない場合もあるので、ちょっと休みを合わせてお店に行くのが面倒だったり、なぜか私の休みがお店の定休日と被ることが多かったので、なかなか修理・交換に行けなかったりしましたが、別に特に不便だったわけでもありません。

ディーラーの方が非常に申し訳なさそうにしてくれるのは別にいいのですが、ちょっと違和感があるぐらい何度も謝られたのがかなり気になりました。

こういう時にすごく騒ぐ人もいますよね。機械が調子悪いことなんて普通にあるだろうと考える私が少数派なのでしょうか?

お店だって商売だからお互いさまの心が大切

私の個人的な考えではありますが、お店だって商売でやってるわけですから、必要以上に要求したり、相手のミスに付け込んでサービスを要求したりするのは、ちょっと違うなと考えています。

確かに、今のご時世だと、商品やサービスは溢れていて他でも代わりがきくことがほとんどです。だから、お店もサービス内容に気を配っているのも分かります。

しかし、お店だって商売でやっている以上、適切な利益は取るべきだと私は思います。ぼったくり価格で商品を売っていたらいつかは消費者だって気付きます。

今回の私の件だと、特に私には不満がなかったわけですし、何かを特別なサービスを要求したりするのは違うと思います。

最近の車は電子機器も多いですから、不具合が出ることだってあるでしょう。このぐらいのことだったら、「ま、しょうがないか」で終わらせられる人が増えるだけで、お店で働く人も、もっとのびのび働けるのではないかと私は思っています。

お店での対応がマニュアル色が強く
システマチックになってしまったのは客のせい

確かに私もお店で買い物などする時に、昔に比べて店員の対応にマニュアル色が増えてきたなと感じることが増えました。

ただ、こういう対応になってしまったそもそもの原因は、大した問題でもないことを大事にしようとして、自分の利益ばかりを求める客が増えたからだと私は考えています。

私がお店で実際に目にした光景なのですが、さんざん店員に説明させておいて、「言ったな。言質取ったからな。」なんて言う人がいました。

そういう態度をお店で取る人が増えたからお店での買い物があまり快適じゃなくなったんだよ。と私はこんな風に思ってしまいます。

お店だって店員を守らないといけませんし、お店の雰囲気が悪くなってしまえば、社員やパート・アルバイトの人だって長続きしません。

そうなってしまうと、どんどん店員のレベルも下がってしまうので、サービスもどんどん悪くなってしまいます。

こういったことに関連性があると考えるようになってからは、お店を利用する時の対応には自分でもいつも気を付けないとなと思うようになりました。

お店からいい対応をされたければいい客になれ

実際に働いていても、いいお客さんには自然といいサービスをしようと思うのではないでしょうか?

私が前職で営業をやっていた時でも、いつも無理を言ってくるお客さんより、いつもこちらのことも考えてくれるお客さんの予定を優先するようにしていました。

サービス内容にどうしても限りが出てしまう事業の営業だったので、無理を言ってくる方は利益率も低いですし、最悪断ることも視野に入れつつ対応をしていました。

額次第では無視もできませんが、サービスを提供する側だって人間ですから、どうしてもそういった対応になってしまうと思います。

日本で受けるサービスで不思議だなと思うのは、サービスを受ける側がそれを当然だと思っていることだと私は感じています。

世の中にサービスが溢れてしまっているからというのもあるでしょうが、同じ商品ならどこで買っても同じだと、どんどんサービスを要求するようになってしまうと、結局はそこで働く人がいなくなってしまって、今まで受けられていたサービスも受けることができなくなってしまうと思います。

記憶に新しいのはすき家のバイト問題なんかそうだと思います。あの問題の場合は企業が利益を求め過ぎたことにあるかもしれませんが、行き過ぎたサービスの提供はそこで働く社員をいたずらに疲弊させるだけです。

結果誰もやる人がいなくなりましたでは寂しいですし、お互いさまの精神で気持ちよくサービスを利用したいですね。

手っ取り早く転職するのもおすすめです

WORKPORT

ワークポートでは、業界出身者や業界に精通した知識豊富な 『転職コンシェルジュ』が転職活動の様々な要望に応えます。
求人紹介/書類添削/面接対策/年収交渉など、
1人では不安な転職を【完全無料】でサポート!
まずは【転職支援サービス】にお申し込みください

オススメ

仕事、特に転職に関する情報を提供するサイト「Ideal Job 天職に転職だ!!」を作成しました。転職という選択肢を常に取れるようにするには、転職サイトへの登録も一つの手段になります。また、いざという時にすぐ動けるようにしておくために、副業をはじめるというのも非常に役に立つことです。興味が湧いた方はリンク先の情報もご覧ください。

親兄弟という身近な存在は大企業に勤めていて、私自身は中小企業、ベンチャー企業、起業と企業規模が段々小さくなるというキャリアを経ています。 なので、大企業しか知らない人よりも、中小企業しかしらない人よりも大企業と中小企業のメリットとデメリットについてお伝えできると思います。
このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

それでは、今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。