私が独立するために選んだ収入源|アフィリエイトとアドセンスについて

スポンサーリンク
決意

みなさんこんばんは。

いざ独立を考えてもなかなか収入源を確保するのって難しいですよね。私もなかなか独立を意識できなかった理由に、「自分が社会に対して提供できる価値は何か?」「その価値をどうやって知ってもらい収益化していくか?」がなかなかイメージできなかったからだと思っています。

実は、個人で生活できるぐらいの収入レベルでよければ、そこまで大きな価値を社会に提供しなくても大丈夫です。今回は私が独立するために選んだ収入源アフィリエイトアドセンスについて説明したいと思います。

この記事をご覧の方にはアフィリエイトブログの運用における私のSEOの考え方も参考になります。

アフィリエイトブログを運用する時にはとにかくアクセス数・PV(ページビュー)数が重要になります。アフィリエイトブログは多くの人に見てもらわなければ、どんなにいい記事を書いても制約に結びつきません。 今日はアフィリエイトブログの運用における私のSEOの考え方について話たいと思います。

スポンサーリンク

私が独立するために選んだ収入源
アフィリエイトとアドセンスについて

アフィリエイトもアドセンスも基本的には広告収入

アフィリエイトやアドセンスはインターネットでできる事業収入や副業として、それなりに有名なものではないかと思います。ただ、アフィリエイトやアドセンスという言葉だけだと、いまいちどういうことをして収入を得るのか分からないという方が多いと思います。

基本的には自分の運営するウェブサイトやブログに広告を入れることで収入を得る形になっています。当然、自分の運営するウェブサイトが多くの方に見られないと収入源としては機能しないようになっています。

アフィリエイトとは

自分のサイトやブログで商品の使用報告などの紹介をすることで、広告のクリック率を上げ、広告をクリックしたユーザーが(一定期間内に)商品を購入した場合に報酬が支払われるシステムです。

アフィリエイトで基本となるのは、商品をどのように紹介するかということです。物品なら実際に使用してみた感想や、便利な点、不便な点を公平な視点で紹介するのが好まれます。基本的に企業のサイトだとデメリットは紹介されませんから、デメリットも併記しておくのがポイントになるようです。

また、サービスなら実際に利用してみた感想などもいいですね。サービス内容に関しては利用した方の声が一番参考になると思います。

アフィリエイトサイトで多いのが比較・ランキングサイトです。最近は同様のサービスも多いので、かえって昔より商品を選ぶのに迷ってしまう事もあると思います。

サイト運営者独自の視点で類似するサービスを評価・比較したサイトは人気があります。価格.comなんかが有名ですね。

アフィリエイトは、広告が見られるだけでは収入にはならず、広告を見たユーザーが何らかのアクション(商品購入・問い合わせ・資料請求・会員登録など)をする必要があります

そのため、次に紹介するアドセンスと比べて、難易度は少し高めになります。

最初はアドセンスからやってみるのがいいと私は考えています。ただし、独立できるほどの収益を上げようと思った場合には、どうしてもアフィリエイトを検討していく必要があると思っています。

私が利用しているアフィリエイトは現在2社です。
リンクも紹介しておきます。

約130万サイトが利用しているA8.net



あなたのホームページ・メルマガで【広告収入】が!《アクセストレード》
アフィリエイトのアクセストレード

アドセンスとは

アドセンスで一番有名なのはグーグルアドセンスですが、他にもサービスはあるようです。ただ、基本的にアドセンスはグーグルアドセンスを利用するのがいいと思います。世界一の大手企業ですから支払い漏れなどもないでしょう。

アドセンスとは、自分のサイトやブログに広告を表示するスペースを作り、広告コードをソースコードに張り付けます。すると、自分のサイトやブログの内容に合った広告をグーグルが自動で選んで表示してくれます。ユーザーが広告をクリックした段階で報酬が発生します。

このブログでもサイトの右上と、記事の題名の上、記事の下に「スポンサーリンク」という表記の下側に画像かテキストが表示されていると思います。

これがアドセンス広告です。

アドセンス広告は広告がクリックされた時点で報酬が発生するので、アフィリエイトなどに比べて手軽に始めることができます。ただし、広告の内容がどういうものかは分からないので、サイトやブログのアクセス数が収入に直結してきます。

アフィリエイトのプロでもアドセンスメインで活動している方もいるのですが、アドセンスのみで月収70万程度稼ぐ方もいるようです。サイトはいくつか運営していると思いますが、月間で100万PV(のべ閲覧数)以上はあると思います。

1日に約33,000回(のべ)ページを見てもらう必要があるので、かなりの人気サイトだと思います。

アフィリエイトとアドセンスはどっちがいいの?
どちらがいいとかはありません

アフィリエイトにもアドセンスにもどちらが優れているなどの違いはないと私は考えています。単純に自分の性格やサイトの内容に合っているかどうかではないかと思います。

私の今のところの感覚としては、クリックのみで報酬が発生するアドセンスの方が自分の性格にもブログタイプのサイトにも合っていると思っています。

ただ、独立を目指しているものとして、収益源の多様化はリスクヘッジとしてしっかりやっておきたいとも思っています。なので、2つともやってしまえばいいと考えてやっていくつもりでいます。

ただし、サイト開設時はアクセスもPV(ページビュー)も少ないので、ひとまずアドセンスを張り付けておいて、サイト開発に勤しんだ方が結果が出てくるのも早いと思います。

とにかくサイトの広告をサイト訪問者に見てもらうのが必要なので、とにかくPV(ページびゅー)を稼ぐことを最初は考えてサイト運営をしていくことになると思います。

アフィリエイトブログって言っても
何を書けばいいのか分からない
あなたの得意なことでいいんです。

アフィリエイトをするにも、アドセンスをするにも、私はブログから始めてみるのがいいと思っています。アフィリエイト、アドセンスをやっている方はみなさんそうおっしゃっていますしね。

ブログと言っても何を書けばいいのか分からないと思う方は多いと思います。特に難しく考える必要はありません。誰にでも得意なものや好きなもの、仕事での専門分野などがあると思います。

楽器が好きならどの楽器がどんな音が出るのかをブログで紹介してもいいと思いますし、結婚式の余興などで簡単で盛り上がる曲などを紹介してもいいと思います。料理が好きな人は料理のレシピを公開したり、料理を作っている動画を撮ってもいいかもしれません。

旅行が好きなら使いやすい旅行グッズを紹介してもいいと思いますし、外貨両替の方法や飛行機の選び方、ホテルの節約方法などを紹介するのもユーザーが喜びそうでいいと思います。

仕事のことでもいいと思います。人事部の方なら「人事部部長がこっそり教える新卒採用のポイント」などもいいと思いますし、総務部の方でも経費削減に役立つ備品購入のポイントや、また社員集会かよ!えっ明日?ホテルを最速で予約する方法なんかも面白いかもしれませんね。

営業の人なら顧客を口説き落とすための方法なんか喜ばれそうですし、バイヤーの方は小売業で儲ける秘訣なんかを公開してもいいと思います。

今はインターネットの普及で色々な情報を簡単に集められるようになっています。ただし、それらの情報は玉石混合で専門家や詳しい人が提供しているような、しっかりした情報が手に入らない分野もまだまだ多くあると思います。

私の運営しているブログAがまさにこれなのですが、競合がほとんどいないぐらい業界の内容が公開されていないので、今後のアクセス数に期待ができる分野です。

自分が得意なことだと気付きにくいですが、あなたにとっては当たり前の情報が他の人には役に立つ情報かもしれません。私は単純にサイトの内容が評価されればアクセスは伸びると思っています。

自分の仕事の棚卸にもなりますから、本気で情報公開してみるのもありだと思います。

それでもなかなか始められないという方は
少し本でも読んでみるといいかもしれません。

アフィリエイト、アドセンス、ブログ運営におすすめの書籍です。

アフィリエイトやアドセンスについて理解は深まったでしょうか?

私がメインで利用しているASP

A8.net

◇スマートフォンやPCから簡単に広告が掲載可能
◇もちろん会員登録は無料。
 その後も費用はかかりません!
◇欲しい商品がお得に購入できる
 セルフバックの利用ができる
◇有名ブランドから高額報酬がもらえる広告を掲載

オススメ

私がメインで利用しているレンタルサーバー

wpXレンタルサーバー

・最新の高性能サーバーマシン&高速ネットワーク
・大容量30GB、月額1,000円(税抜)~
・過去14日間のデータの自動バックアップ機能
・独自ドメイン対応 & 1契約につき
 10個のWordPress運用が可能

オススメ

この記事をご覧の方には企業は社会を成長させるために存在する|会社の存在意義についても参考になります。

突然ですが、みなさんは企業は何のために存在していると思いますか?利益を上げるため?いえいえ、それは企業が存続するために必要な条件であって、企業が存在する意味ではないと私は考えています。私は企業は社会を成長させるため、社会をよりよくするために存在していると思います。

今日はここまでとします。最後までご覧いただきありがとうございました。